【クボタメソッドwebマガジン】2歳児向けの幼児教室(水道橋)を取材!

脳にたくさんの刺激を与えて、知能をアップ!「考える」力を育む、幼児教室

こんにちは、リトルランドスタッフです。
今回は「クボタメソッド能力開発教室」水道橋教室の2歳児クラスの取材リポートです。

絵本の読み聞かせをしたり、

コインを並べたり、

神経衰弱をしたり…。

とにかく大人の私が見ていても、授業の展開が早い!

90分の間に、脳に与えられる刺激はいかほどのものかと思いながら、見守っていましたが、子どもたちはそれぞれの課題をクリアしていきます。
私はその適応力と頭の回転が早さに、ただただビックリ。
恐るべし、2歳児の“脳力”!

もちろん、このような進行にはちゃんと理由があります。
次々に与えられる課題に取り組む子どもたちの表情は真剣そのもの!
気づいたら、もう授業の終盤、ということもしばしばです。
こうしたことを繰り返すことで、1つのことに集中できる時間がどんどん長くなるのだそうです。

今回もまた、無限の“脳力”を伸ばすヒントを見つけることができました。

「絵本の読み聞かせ」「コイン並べ」「神経衰弱」…それぞれのカリキュラムの目的や内容はまたあらためてご紹介しますね。

ではまた、次回の更新をお楽しみに。

 

クボタメソッドwebマガジン

お問い合わせ
0120-415-077

PAGE TOP.