【クボタメソッドwebマガジン】水道橋教室 3歳児クラス〈続編〉

折り紙でプリン&コップ作りに挑戦♪

こんにちは、リトルランドスタッフです。
今回は「クボタメソッド能力開発教室」水道橋教室の3歳児クラスの様子をリポートします。

この日は折り紙に挑戦しました。
作るのは「プリン」と「コップ」です。

折り紙は手先を動かす練習になるのはもちろんのこと、「集中力」や「読解力」を鍛えるのにもオススメの遊びなのだそうで……。

まずは、“レシピ”をもとに、先生が子どもたちに作り方の説明をします。
実際に折るのは、ひと通りのプロセスをしっかりと聞いてから。

折り始めたら先生にフォローしてもらいながら、出来る限り自分で“レシピ”を読み、理解し、考えて手を動かします。
ものすごく集中して、取り組んでいる様子が表情からも伝わります。

「手前に折る」「裏返す」といった表現も、経験を重ねていくことで、少しずつ理解できるようになるのですね。
“レシピ”を読みながら、体で理解していく……まさに脳をフル回転させている状態です!

上手に出来たら、プリンをもぐもぐ。コップを手に乾杯♪
もちろん“ごっこ”ですが、自分で作った折り紙で遊ぶ子どもたちの表情はとってもうれしそう。

またできることが1つ、増えましたね♪

次回の更新もお楽しみに。

 

クボタメソッドwebマガジン

お問い合わせ
0120-415-077

PAGE TOP