【クボタメソッドweb vol.27】 浅草教室 3才児クラスを取材!(2)

ハサミを上手に使って、今にも泳ぎだしそうなタコを完成させました!

こんにちは、リトルランドスタッフです。
前回に続いて、浅草教室の3才児クラスの様子をお伝えします。

今回はハサミやエンピツを使って、海の生き物・タコ作りに挑戦しました。
3才児にとって、ハサミを使って線に沿って正確に切る作業はとっても難しいことです。

ハサミの正しい持ち方、非利き手の使い方を身につけることで、器用な手になるのだそうです。

さっそく線に沿って、ハサミを入れます。

クボタメソッド

チョキチョキ……真剣です(笑)!
慎重な子もいますし、思い切りよく切っていく子もいます。
こうした作業には性格が出ますよね。

難しいところは先生がフォローしてくれます。

だいぶ、タコらしくなってきました♪
タコの形ができたら、次は足に動きをつけます。
どうやったら、足が動いているように見えるのか……一生懸命考えます。

クボタメソッド

紙(足)にエンピツを使って、1本ずつクルクル巻いたら出来上がり!
子どもたちは、おうちで色を塗るのを楽しみにしていました。

ちなみに……。

クボタメソッド

紙くずはゴミ箱へ。
お片付けも完璧でした!

ではまた、次回の更新もお楽しみに。

 

クボタメソッドwebマガジン

お問い合わせ
0120-415-077

PAGE TOP