【英語E-Story:Webマガジン】vol.29 好奇心をくすぐる豊富なカリキュラムで “英語脳”を鍛える50分間

【英語E-Story:webマガジン】

飽きずに楽しめるから年少さんでも、しっかり集中!

こんにちは、リトルランドスタッフです。
今回は、川崎市の稲田堤教室にお邪魔しました。
年少さんが学ぶクラスです。

彼らはまだ英語を学びはじめて、わずか2カ月。
それでも講師のクリス先生の言葉に一生懸命耳を傾けて、コミュニケーションを図っています。

 

すべてではないかもしれませんが、互いに理解して、伝えようとしている様子を見ていると、英語には少しでも早い段階から触れておいたほうがいい、ということをあらためて実感します。

実際、先生も「英語を話すなら、脳が発達途中で聴覚もよく、頬の筋肉がやわらかい幼少期から始めるのが一番」と言います。

この日は先生がジェスチャーや鳴き声を真似た動物が何かを当て、その動物を電車に乗せていく、というクイズ感覚で楽しめる課題に取り組みました。

 

例えば鳴き声は
「ヒヒーン」=horse(馬)
「パオーン」=elephant(象) というように、
与えられたヒントに合った動物をたくさんの中から探して、電車に乗せていくというもの。
もちろんしっかり英語で発音するところまでいって、課題はクリアです。

 

クイズに答えたり、動物を探したり・・・・・・子どもたちは1つ1つの問題に夢中。
英語の発音も、互いに競うように大きな声でしっかり発音しています。
すごい集中力です。

好奇心をくすぐる豊富なカリキュラムは、「こども英語クラブ」ならでは。
50分間のレッスンも飽きずに楽しめるから、年少さんでも最後までしっかり集中して学ぶことができるんです。

英語を学び始める時期は早ければ早い方がいいので、「うちの子にはまだ早いかも」とは思わず、ぜひ気軽に体験してみてください。

では次回の更新をお楽しみに!

クボタメソッドwebマガジン

お問い合わせ
0120-415-077

PAGE TOP